もし僕らのことばがウィスキーであったなら

小説家が書いたウイスキー紀行

村上春樹がウイスキーの聖地「スコットランド・アイラ島」と北アイルランドを旅する。この本を読んで、まずボウモアを買って飲んでみようと思ったのです。

内容(「BOOK」データベースより)
シングル・モルトを味わうべく訪れたアイラ島。そこで授けられた「アイラ的哲学」とは?『ユリシーズ』のごとく、奥が深いアイルランドのパブで、老人はどのようにしてタラモア・デューを飲んでいたのか?蒸溜所をたずね、パブをはしごする。飲む、また飲む。二大聖地で出会った忘れがたきウィスキー、そして、たしかな誇りと喜びをもって生きる人々―。芳醇かつ静謐なエッセイ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする