ウイスキー関連書籍

Q&A形式で読み進めるスコッチ読本
スコッチ三昧
新潮選書

オススメ度 ★★★★★
著者/訳者名 土屋守/著
出版社名 新潮社 (ISBN:4-10-600590-5)
発行年月 2000年05月
サイズ 236P 20cm
価格 1,155円(税込)
スコッチを知るための1冊。
第1部 スコッチを楽しむ
第2部 スコッチはいかにして作られるか
第3部 蒸留所へ行こう
内容(「BOOK」データベースより)
スコッチウイスキーは、ワインと同様、いやそれ以上に魅力的な酒です。その魅力を知るのに、今ほど恵まれた時代はありません。毎週のように新しいボトルが販売され、すべての蒸留所の、それも蒸留年や熟成年、樽の異なる個性的なさまざまな新製品が市場に出回るようになっています。価格低下で、入手もしやすくなりました。そんなスコッチの新しい魅力を、一人でも多くの方に知っていただきたいと願って書いたのが本書です。

Q&A形式で読み進めるウイスキー読本
ウイスキー通
新潮選書

オススメ度 ★★★★★
著者/訳者名 土屋守/著
出版社名 新潮社 (ISBN:978-4-10-603593-7)
発行年月 2007年10月
サイズ 271P 20cm
価格 1,260円(税込)
世界5大ウイスキーを知るための1冊。
第1部 スコッチウイスキーの最新事情
第2部 アメリカンウイスキー
第3部 カナディアンウイスキー
第4部 アイリッシュウイスキー
第5部 ジャパニーズウイスキー
アメリカンやカナディアン・ウイスキーの歴史は、建国の歴史でもある。18世紀、イギリスからの移民たちがライ麦を原料に蒸留酒を作ったのが新大陸での本格的なウイスキーづくりの始まりだった…。世界的ウイスキー・ジャーナリストが、今まで紹介されることのなかったアメリカとカナダのウイスキーを詳述。また、スコッチの最新事情やアイリッシュ、ジャパニーズの歴史と現状も詳説した、ウイスキー好きにとって待望の一冊。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする