ウイスキーの歴史

■歴史上はじめて文献に登場したのは

■1405年のアイルランドである。ただ、実際にはウイスキーはこれより数百年も前からあったと考えられている

修道士による製造

このときウイスキーは修道士たちによって製造されていた。スコットランドでも1496年に記録が残っている。初めてウイスキーが製造されたのがいつで、それがどこだったかはわかっておらず、この時期のアルコール飲料の製造記録は残っていないために推定することはむずかしい。また、ウイスキーは個別の集団によってそれぞれ独立に発明された可能性もある。

8世紀ごろ

最初に蒸留アルコールが製造されたのは8世紀から9世紀にかけてであり、その場所は中東だったという。蒸留の技術はその後キリスト教の修道士らによってアイルランドとイギリスにもたらされた。

よく知られる伝説は聖パトリックがアイルランドと英国に蒸留を伝えたというものだが、聖パトリックが生きていたのは5世紀ごろであるため、この話は真実ではないと考えられている。

蒸留技法

蒸留の技法は収穫後の過剰な穀物を加工する手段として、アイルランドや英国においても(独立に、あるいはアラビアの技術に先立って)農民によって発見されていた可能性がある。

■参考・引用
ウィキペディア、ニッカウヰスキー社サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする