TOP

35歳の目覚め

私がウイスキーに目覚めたのは35歳のときでした。

横浜のホテルのラウンジで何気なく頼んだ「マッカラン」がきっかけです。このラウンジでは、ホテルの高層階(プレミアムルーム)に宿泊したお客にサービスとしてお酒やつまみを提供してくれます。サービスなので、何を飲んでも無料です。

シングルモルトのロールスロイス

マッカランが「シングルモルトのロールスロイス」という評判だけはどこかで目にしていましたので、ものは試しと注文してみたわけです。通常であれば、1杯1,000円ぐらいのものが無料だったのも大きいです。

おそるおそる口にしました。なんせウイスキーは、大学のコンパで飲んで以来。あのときは、先輩から飲まされただけで、味も分からず、いい思い出はありません。

飲んだ瞬間に後悔した

しかし、マッカランの味は予想とはまったく違いました。飲んだ瞬間に後悔してしまったほどです。なぜ、こんな旨い酒をいままで嫌っていたのだと。その場で立て続けに3杯も味わって飲み干しました。

その日からです。まずはウイスキーについて学びました。そして、テイスティングへと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする